↑☆小道を右手に行くとすぐに“荘厳禅寺”案内板が目に入ります。案内 板には徒歩の方は右手に上がり口があります。車の方は、すこしこのまま 行くと駐車場があると書かれてます。   ・・・・・→
 

駐車場の左手には清めの手洗い場あり、↑上の観音様は、駐車場の奥にあります。
登りの石段の両端にはかわいらしいお地蔵さまが出迎えてくれます。
“荘厳禅寺”の本堂です。今日は閉まっていました!





←クリックしてね

平成17年3月20の福岡市西方沖地震で当寺院は外観の被害状況よりは、甚大な被害を受けました。と言うのも当寺は外観とは違い、その大屋根を支える骨格ともいえる柱や骨組みを鉄筋コンクリートで造られていました。
 
その為に地震の揺れの影響をまともに受け、コンクリートは鉄筋から剥離し、くだけ落ち鉄筋は曲がり本堂は未だ危険な為に入場は出来ない状態です。

 また、本堂に隣接して建てられていた住職山崎公明氏の自宅も危険なため今現在(H18年3月)右の写真のプレハブで生活する日々を送られています。
今、このプレハブの二階に当寺のご本尊様をお移しになり、供養や御寺の行事を営まれています。
支援を希望される方は荘厳禅寺のホームページをご覧になり、お申し出ください。志賀荘厳禅寺←のページにジャンプ

    このお寺の境内からからの眺めもすばらしく博多湾はもちろん北も津屋崎方面まで見ることができます。
(H18年3月現在境内への現在入場は、ご遠慮ください。)
          
しかのしまネット制作管理