志賀島航路                        志賀島航路は明治末期に志賀島漁業組合が小型船を傭(雇)船して、博多向けの鮮魚の輸送を始めて以来、本島から鮮魚行商人が海路福岡市に往来するようになったのが起源とされる。大正3年頃から石田汽船(当時の門司市に所在)と志賀島村西戸崎の庵原岩吉氏が各一隻で各自独立して、志賀島と博多間との航路を開発したが、さらに地元漁協組合が傭船して加わり志賀島〜博多間での旅客輸送にあたってきた。  昭和6年、志賀島橋の開通(後の昭和49年に新橋にかけ替え)に伴い観光客も増加し、一方福岡市への鮮魚の行商人も増えていった。


町営事業 志賀島汽船(船舶明細)
船 名
第1志賀島丸
7志賀島丸
第8志賀島丸
しか
おとひめ
種 類
汽 船
汽 船
汽 船
汽 船
汽 船
船 質
木及び鋼
進水年月
昭和35年4月
昭和29年4月
昭和31年4月
昭和33年6月
昭和44年5月
総トン数
120.83トン
120.00トン
136.77トン
31.86トン
140トン
旅客定員
400名
458名
416名
110名
400名
エンジン
ディーゼル320X ディーゼル320X ディーゼル320X ディーゼル150X 中速ディーゼル500X
航海速力
10.5ノット
10.5ノット
11.0ノット
10.0ノット
11.0ノット

※昭和44年度志賀町要覧より

 このため、志賀島〜博多間の海運については、従来から複数の渡船業者が互いに競い合い、船数を増やすなど過当競争のきざしを見せ始めた。そのため村が仲介に入り、昭和8年に志賀島村営による渡船事業が開始された。 

 昭和16年の太平洋戦争により、傭船不足と船員の応召などにより第一志賀島丸1隻での運行を強いられていたが、戦後は逐次新船が建造され4隻が就航できるようになり、博多〜西戸崎〜志賀島を運航した。その後、配船に余裕ができた昭和35年に当時の阿曇磯興志賀町長の発案で、夏の博多湾の夜景を船上で楽しむ納涼遊覧船の運航が開始された。

 昭和46年4月5日、志賀町は福岡市に編入合併し、町営の渡船事業は福岡市へ引き継がれ、市営渡船志賀島航路として運航されている。なお、46年当時の就航船は第一(二世)、第七第八志賀島丸と「おとひめ」の4隻であった。

おとひめの名称は、昭和44年の就航時に新聞による一般公募 できまったものである

次に進む》》