別表神社(べっぴょうじんじゃ)の注釈
別表神社(べっぴょうじんじゃ)
神社本庁が定めた、神社本庁が包括している一部の神社のこと。
 第二次大戦後、公的な社格の制度が廃止されたため、それに代わるものとして定められました。社格制度廃止後は、
 全ての神社は対等の立場であるとされました(伊勢神宮を除く)。しかし、一部の規模の大きな神社については、神職
 の進退等に関して一般神社と同じ扱いをすると不都合があることから、「役職員進退に関する規程」において特別な扱
 いをすることと定めています。その対象となる神社が同規程の別表に記載されていることから、「別表に掲げる神社」
 (別表神社)と呼ばれています。このように、別表神社は社格のような神社の格付けではなく、あくまでも神職の人事の
 みにかかわる区別です。しかし、別表に掲げられている神社は社殿、境内、神職の数などの面で比較的大きな規模の
 神社であり、一般には一種の格付けとして捉えられているのが実情です。別表神社には、神社本庁配下の旧官国幣社
 が全て含まれるほか、指定護国神社・旧府県社などの一部が含まれています。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』