志賀島の火焔塚(かえんづか)
この塚(土をもった所)は火焔塚(かえんづか)と言います。元冦が襲ってくることを知った高野山の僧侶が志賀島にやってきて、火をたき、護摩をたいて、敵が退散するよう祈った場所だそうです。
左の写真は塚の頂きにある祠(ほこら)です。
 

  右手の写真は火焔塚由来が載っている石碑です

  火焔塚の昇り口の所にあります。