35

おやじの独り言

:

今晩は9月も過ぎ秋本番かな?と思いきや、昼間は真夏並でですね!

:

今はテレビ番組も改編時期で連ドラも中休み状態で、「秋の食べ歩き番組」や《紅葉狩り旅行番組》なんかの特番が組まれていて、良く目につきますね!
まあ毎年同じような内容ですが、僕らの行った事のないような地方を紹介してくれているので、楽しく無くはないのですけど、毎年同じような気もしないでも‥‥

:

ところで話は変わって、テレビも面白くないので有線TVを見てみたら、トム・ハンクスとメグ・ライアンの「ユー・ガット・メール」('98かな?)をやってたので、最初からではないのですが「つい」見てしまい、この映画はアクションもあるわけでもなく、展開も遅いのであまり見ても“ねっ!”と思ったのですが(だいぶ前にも見たので)まあテレビをつけてる状態でなにげなく見てたら、聞いたようなメロディ〜が聞こえて来たので聞き耳を立てて聞いたらHarry Nilssonの「Remember」じゃないですか!私が17・8才くらいによくレコードショップから、この人の「Without You」が、よく博多の商店街にながれてました。

:

この人は当時('71)多重録音でコーラスも自身でやったり、奇抜なアレンジで有名になったシンガーソングライターです。男性ボーカルで3オクターブの声域を生かした曲作りも異色で、最近では、あのマライヤ・キャリーも彼の「Without You」をリメイクしていました!映画の中ではあと「I Guess the Lord Must be in New York City」(孤独のニューヨーク)もバックにながれて、ムードを盛り上げていました。かな映画の内容は、小さな書店を親子で?0年も経営してきた女主人にメグ・ライアン、大型書店をその近くに出してその本屋を閉店に追いやった「FOX」の経営者にトム・ハンクスその敵対する二人がひょんな事からメールのやり取りを始めお互い会ってみたいと思い、                    

夜にカフェで会うことにして、彼女が目印に本とバラを一輪もって待つことになったのですが、‥‥ 
トムが友達を連れて行ってみると‥‥と言った内容です。今だと古くさいようですね、今はPCのメールのやり取りなんて、事務的にしかやらないかも、携帯でメールも写メールも出来るし、携帯でテレビ電話を出来ますからぁ〜斬!ギター侍
と言っても昔のしと(人)には、今の時代の機器はあまり使う意味があるのかな〜?と疑問視してる人達も多くいるようです。

話が横道に逸れましたね〜それから、やはりバックにながれていた曲「When You Wish Upon A Star 」(星に願いを)をHarry Nilssonが唄っていました。オリジナルはディズニー映画「ピノキオ」の中でクリフ・エドワーズが唄っていました。そういえば、夏休みの特番「プラネタリウムを作りました〜7畳間で生まれて410万の星〜大平貴之」をご覧になった方は、まだ覚えていられるかも知れませんね!このドラマの時は美しい声の男性ボーカルRobbie Nevil(セ・ラ・ヴィを唄っていた人)のステキな歌声がバックにながれていました。この人は、最近では、肺活量が落ちて歌は唄ってないみたいで、確か松田聖子さんのアメリカでのアルバム制作のプロデュースをしていたとか何かに書いてありました。(真偽の程は‥‥)

でもこの人の「星に願いを」が私は一番です。CDを探したんですが見つかりません。



‥‥(10/2)

:

「えっ」「You've got mail」「メグ・ライアン」?‥‥‥‥   

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38


1

2

3

4

6

7

1

↑ページナンバーをクリックしてね