13

3/7(月)、今夜は、をして、夕食を食べ終わるともう8時40分!そうそうあの月9の「不機嫌なジ〜ン」があるんだった!ともうはじまるから、ちょっとして見ちゃいました!

¨

ドラマの中盤、ジン子が「かまきりの生態」について幼稚園児とその父兄に講義してるさなか、南原教授が手上げ質問!「えっ」とおどろくジン子!なんやかやと内輪ケンカのようなやり取りのあと、ジン子が南原のほっぺを
場面は動物園の中に移動して、南原教授が「正直に言えよ!おれのこと待っていてくれたんだろう〜?おれはずっと会いたかったんだよ!」{この所は脚本家の大森美香氏の素直な希望が強く感じられるところだといます。}
と言って、そのあと携帯の話で

¨

ジン子が南原に向かって「相変わらず傲慢な言い方に、どう答えたらいいの?」と言うと南原が「おれと会えなかった2年間ずっと待っていてくれたんだろ?」続けて「それとも、男でも出来たか?」と問うと、ジン子が「出来ました!」と言ったあと「そんな悲しいうそついたって!」と自問し出して、《それから蛇足だけど、竹内さんの表情は相も変わらずあの悲しそうな目元で見つめられると・・また、あんなに言い合えるとストレスたまらなくて良いのかも?》

¨

南原が「俺はまるで中学生みたいにどきどきしてきた!」「まるでドラマのワンシ〜ンのようだ!」と言いをしようとしたがジン子がその後、デートの約束を取り付けb
最後のシ〜ンはあまりにもドラマチック!光のシルエットで二人が寄り添う!
さて来週はなるやら

どうしても恋愛物には、橋と街灯は付き物でしょう!この中でジン子が 言った“悲しいうそ”から〜“悲しいうわさ”(歌)ってか、やっぱ  〜い!眠いはず AM4:00過ぎちゃった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38


1

2

3

4

6

7

1

↑ページナンバーをクリックしてね