平成17年 10月9日に執り行われた隔年行事“御神幸祭(ごしんこうさい)”
平成27年は実行年で、10月12日()の午後7時から執り行われる予定です。
御神幸祭(ごしんこうさい)は志賀海神社の神事で隔年行われています。夜行われる神事《夜渡(よど)の神事》として昭和35年に福岡県無形文化財に指定された神事です。旧暦9月8日夜に行われる神事で、9月1日の神占により神幸の有無を決し、有りと決まれば直ちにその準備にとりかかる
 

この神事は夜午後7時くらいから行われる為、境内に提灯のやぐらを組み参道を照らします。まず本宮(本殿)にて御神体を神輿にお移しする儀式が行われ、その御神体を移した神輿を担ぎお仮屋(頓宮・とんぐう)まで運びます。



                   

本殿で御神体をお移しする儀式が行われています。
楼門から見た境内の参道です。ここを神輿を担いお仮屋(頓宮・とんぐう)まで下って行きます。だから地元の人は、この神事をお下り様と言われてました。

次に進む》》

しかのしまネット無償制作管理