“お大師祭”(お大師参り)は、元々真言宗の開祖空海和尚(弘法大師)の命日を供養するお祭りが由縁て行われてきたものだそうです。ここ志賀島地区では、毎年4月29日(みどりの日)に執り行われています。休憩所を設けて接待をするのが習わしだそうです。 
下の写真をクリックしてね
志賀島“弘(ひろ)地区”、玉川(たまがわ)の接待所、近所の奥さん(昔、若奥さん)達
にこやかにお迎えします。
ここも弘地区(クリックしてね!
左の写真は鳥居と右横の社(やしろ)にまつられているのは、不動尊(お不動様)で、ここでも接待を受けられます。
上のお寺は『香音禅寺』という禅寺です。ここは札所と言って参拝者が札を受ける(納める)霊場になっているそうです。 クリックしてね)上の祠(ほこら)に弘法大師さまがまつられています。
弘(ひろ)のお寺、香音禅寺の本堂に掲げられている『弘休山』の意味は、昔、弘法大師さまがこのお寺の裏山で御休息されたという言い伝えから、このように掲げられられるようになったそうです。(クリックして
しかのしまネット無償制作管理
←地域イベント情報に