上の写真は志賀島橋手前の’07年志賀島会場で、今年はNTT関連会社を中心に地元志賀島の方含め400名余りの人達が参加されています。
平成20年は6月1日日曜日に行われました。
 詳細はこのページの最後にラブアースクリーンアップのページにリンクしています。そこのページを見てください。


ラブアース・クリーンアップの運動は、1990年6月“クリーン・ザ・ ビーチ”という 名称で始められたそうです。その当時は福岡市近郊の浜辺の清掃が行われたそうです。その後、1992年5月、市民・企業・行政の三者がタイアップした清掃キャンペーン「ラブアース・クリーンアップ九州」を九州一円の海岸で実施されたのが今に至っているそうです。

 ボランティア団体として福岡を拠点に活動をされていると聞いています。

H17年のこの日はとても日射しが強く町内の皆さん、大人から子供さん!はたまた、おじいちゃんおばあちゃんまで、この地区(写真は西戸崎の東海岸)の西戸崎自治協議会の皆さんを中心に、岩の間のゴミや海草や漂着物を一生懸命清掃されていました。この海浜はこの頃、整備された間もないので割にきれいかな?と思ったのですが、やはり大量のゴミが集まりました。やはり、ここで育った人は、自分が小さい時期遊んだり、魚釣りに興じたりしたのでしょう。ねじり鉢巻きをして、我を忘れたように懸命に岩の間に手を入れ取られてました。   ・・・・・・・・・→          
西戸崎の北東部の海岸だけで集められたゴミです。                             


志賀島の手前“道切り”の浜の’04年の清掃の様子です!
遠来から奉仕に来られた方も御苦労様でした!また、地元の自治協議会の皆さんも準備に多大な時間を使って朝早くから、奉仕された皆さんにジュースを配り、最後迄御苦労さまでした。
《《『地域の祭り』に戻る ラブアース・クリーンアップ九州
会場案内は↑のリンクページをご覧下さい。
しかのしまネット無償制作管理